YouTubeで夕陽動画を観る際のポイント3つ。

 

 

皆さま、お疲れ様です。日チル会ブログです。
夕陽を観てチルしていますか?

 

2020年も早いものでもう6月。いよいよ本格的に雨の季節がやってまいりました。
このブログ公開日(2020年6月16日)時点で沖縄は梅雨明けの発表がされていますが、梅雨のない北海道を除くその他の日本各地では梅雨真っ最中です。

 

気象庁ホームページより引用

 

梅雨の間、ずーっと雨や曇りの天気が続くというわけではないものの、それでもやはりスカッと晴れた空のものとで夕陽を観られる日というのは減ってしまいますね…。

 

ですがそんな時だからこそ! 文明の利器をふんだんに活用しようではありませんか!

 

そう!梅雨で夕陽が観られないのならば、YouTubeで夕陽を観よう!そしてチルしよう!

 

というわけで、日チル会が推奨するYouTubeで夕陽動画を観る際のポイントをご紹介したいと思います。
また最後にそれらポイントを押さえた素晴らしい夕陽動画1本もあわせてご紹介します。

  

 

現在YouTube上には掃いて捨てるほど様々な夕陽動画が存在をしています。

ですがそれら動画のうち日チル会的にいわせていただくと、
夕陽が映っている動画であればなんでも良いかというとそういう訳ではありません。


夕陽を観てチルする。という目的であれば押さえておきたいポイントがあります。
日チル会が推奨するYouTubeで夕陽動画を観る際のポイントは以下の3つです。


POINT①
余計なBGMが入っておらず自然の音オンリーであること。

夕陽に限らずですが動画というのは編集でBGMをのせるのがデフォでしょう。
ですが、動画で夕陽を観てチルする。という目的であるならばやはりその場の空気感をリアルに体験できなければなりません。
それは風の音はもちろんのこと、海であれば波の音。木々があれば葉っぱや枝が揺れる音。そこにとまる鳥の鳴き声。または人々の活動によって生じる騒音・雑音などもです。
その場所に存在をする全ての音をそのまま収めてあること。それらをダイレクトに感じられることが必須といえます。


POINT②
高画質。動画の尺がそれなりに長い。タイムラプスではない。

動画が高画質であればあるほどその情景をリアルに感じられる。これは言うまでもありませんね。
一方で動画の尺がそれなりに長いというのも大切です。
夕陽が向こうの空へと傾いていく。そのゆっくりと流れていく時間を感じる。その時の流れの中でチルできるからです。
また夕陽動画ではタイムラプス撮影したものが多くみられますが、 夕陽を観てチルするという目的であれば、ゆっくりと流れていく時間を感じられることが肝要ですので通常撮影&通常再生速度がベストでしょう。

 

POINT③
動画が日没までではなく日没後も続き、落日の余韻が感じられるもの。

POINT②で『動画の尺がそれなりに長いもの。』と抽象的な言い方をしてしまいましたが、その定義はというと、
日没まで余裕があり、かつ日没までではなく日没後も続く動画。であることです。
夕陽が沈むまでのゆっくりと流れていく時間を堪能するのであれば動画のスタートから日没までに余裕があることは絶対でしょう。
さらに日没までではなく日没後、つまり落日した後の余韻を感じられるというもの重要なポイントです。
黄昏時(日没後の時間)も夕陽観賞の醍醐味ですから、そこももれなく動画に収めていることが大事です。

 

 

以上がYouTubeで夕陽動画を観る際のポイントですが、最後にこれらポイントを押さえた素晴らしいYouTube 夕陽動画をご紹介させてください。

  

鎌倉七里ガ浜の綺麗な夕日動画!2014年3月21日
※ 投稿者 yamakenken77さん

 

この動画。鎌倉七里ヶ浜で撮影をされたもので、その撮影日は2014年3月21日とだいぶ前。
ですが、夕陽に新しいも古いもないのでそこは何の問題ありません。

 

この夕陽動画で日チル会が注目した点としてまずその撮影日時があげられます。

この動画が撮影された湘南鎌倉エリアというと、キラキラした夏と海越しに沈む夕陽。そんなイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、実は夏に湘南鎌倉エリアで海に向かって沈む夕陽は観られないのです。
というもの湘南鎌倉エリアは太平洋を向いた東向きの立地であり、実際、夏の夕陽は湘南鎌倉エリアから観ると丹沢方面に沈んでいきます。
ですから湘南鎌倉エリアで海越しに夕陽を観るのであればこの動画撮影日である冬の時期が最適といえます。

 

またこの動画は夕陽と海と富士山という欲張りセットのような素晴らしい構図もさることながら、
打ち寄せる波の音をダイレクトに感じられること。そうしてまさに大自然の中にいる気持ちにさせながら一方で、画面右側に流れる国道134号線の渋滞という人々の活動も同時に感じさせる、そのギャップもまたイイ感じです。

 

加えて動画の尺の長さも◎です。トータル55:21と約1時間弱のボリューム!
動画スタートから8分強で夕陽が沈んでしまうのが少し残念ですが、そのぶん残りの47分間はすべて黄昏時にあてられており、落日の余韻が凄まじい仕上がりになっています。
この黄昏時に全振りをした編集は流石といいますか、脱帽です!

 

う~ん。。と思わず唸ってしまうほど、素晴らしい夕陽動画ですね!
日チル会が推奨するYouTubeで夕陽動画を観る際の3つのポイントを見事に押さえています。

 

今回紹介をした夕陽動画、ここまで鼻息荒く褒めちぎってしまいましたが、
この動画以外にもまだまだYouTube上には素晴らしく素敵な夕陽動画は沢山あります。

ここでは紹介しきれませんので、上記でお伝えをした3つのポイントを踏まえつつ、是非皆さんそれぞれ好みの動画を発掘して楽しんでみて下さいね。

 

それにしても場所を選ばず、しかも無料で(通信料はかかりますが)、世界中の素敵なサンセットが観賞ができるとはいやはや、なんとも素晴らしい時代になったものですね。。

 

それでは皆さま、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました